競泳水着の歴史
競泳水着の条件
機能的な特徴
タイプ別の特徴
リンク集
サイトマップ
競泳用水着の種類・歴史について
 
 
競泳水着の歴史      
現在利用できる水着は、プールや海で利用できるもので水泳用や潜水用など様々な種類のものがあるため、そのデザインや素材構造が大きく異なるものばかりです。水着の歴史は、海水浴に訪れた人たちが使われていた海水浴をするために作られた特別な衣服を最初から利用していません。古代の世界では下着姿や普段来ていた普段着、状況によっては裸で海水浴を楽しむことが多かったです。しかし、一部の都市ではすでに女性がビキニのツーピースの水着で泳いでいる姿が描かれている壁画があります。

昔から頻繁に利用できる海水浴でしたが、水着についてはファッション面から次第に進化していくことになります。競泳用の水着が開発されていくのも1900年代になってからです。この時期になると世界大会やオリンピックなどの競技も進んでいき水着も競泳用のものが求められるようになります。競泳用の水着は運動量によって分類されており、水の抵抗を減らすことが求められています。しかも体を動かすときに支障がなく脱げにくいことが競泳では求められていた条件です。  

タイムを競う競泳用の水着は、その時代によりデザインも大きく異なります。昔は水着自体が水の抵抗を減らす目的で肌の露出度を高める傾向にありましたが、時代が2000年代に突入すると水着の素材や表面の模様を工夫することが水の抵抗を減らすことがわかります。その結果今までは露出していた肌を反対に隠すようになります。首、手首や足首を除いた部分が水着として全身を包み込むスタイルのデザインが広く普及していきます。競泳用の水着は、時代により異なりますがいくつかの種類に現在でも分類され、利用されています。この水着の種類について次のページから紹介させていただきます。


【 水着関連の外部リンクはこちら 】
競泳用の水着だけでなく、海水浴用の水着もバリエーション豊富です。冬になると水着の特設売り場などはありませんが、インターネットの通販ショップは季節問わず購入することができます > 水着 通販ショップ
 
競泳水着の歴史 | 競泳水着の条件 | 機能的な特徴 | タイプ別の特徴 |リンク集 | サイトマップ
Copyright©2017 競泳用水着の種類・歴史について All Rights Reserved.