競泳水着の歴史
競泳水着の条件
機能的な特徴
タイプ別の特徴
リンク集
サイトマップ
競泳用水着の種類・歴史について
 
 
競泳水着の条件      
世界的な大会や国内で行われる水泳の大会については、利用できる競泳水着は条件が決められています。この条件をクリアしていない水着は利用できません。競泳用の水着については、競技のために非常に細かな規定があります。国際水泳連盟の審査を通過している水着でなければ大会で着用することができなくなっています。それだけ最近の水着は、使用するものによりタイムが縮むことになります。

どの選手も早いタイムで泳ぐことを目指しているためタイムが縮む競泳用の水着は大変魅力的なものです。しかし、一定の条件を設けないと公平な協議ができないため国際水泳連盟で審査を行うことになります。   

現在利用できる競泳水着の素材は、繊維だけに限られておりラバータイプのものはすべて禁止となっています。素材の厚さも決められております。0.8 mm以下でなければ使用できないものです。しかも、浮力の効果も決められているので極端に薄い素材を使用することができないです。浮力の効果は0.5ニュートン以下などがあります。これらの基準をクリアしていない水着は利用できないです。

最近の水着は生地の構造によりその性能を高める事は、国際水泳連盟の規制により限界があります。そこで新しい試みが機能面で特色を出すことです。水着を製造しているメーカーでは、他社との差別化を図ることでより優れた物を提供しています。
 
競泳水着の歴史 | 競泳水着の条件 | 機能的な特徴 | タイプ別の特徴 |リンク集 | サイトマップ
Copyright©2017 競泳用水着の種類・歴史について All Rights Reserved.