競泳水着の歴史
競泳水着の条件
機能的な特徴
タイプ別の特徴
リンク集
サイトマップ
競泳用水着の種類・歴史について
 
 
機能的な特徴      
水着を制作しているメーカーでは、水着自体の機能面を優れたものにすることで他社との差別化を図っています。いろんなメーカーで発表している物ですが代表的な特徴としては圧迫する強さの違いと繊維の張力を利用することで体感の保持やキック力のアシスト機能を増すようにすることがあります。  

水着の圧迫を強くすることは、メリットがあるため行われています。それは競技中に体に空気がまとわりつく面積を軽減できることになります。肌に密着するほどの圧迫があれば空気だまりが減ることで水の抵抗を少なくさせることができます。競技中には体を動かすことで筋肉の振動があります。この筋肉の振動も水の抵抗力を増やすことになり圧迫することは筋肉の振動が減るメリットがあります。

筋肉の振動が減るだけでなく圧迫することで皮膚の振動も同時に軽減できます。これらの軽減があることで抵抗が減少しタイムがアップすることになります。この効果は非常に重要で多くのメーカーが取り入れています。しかしその反面運動の制限や精神的ストレスがあります。  

泳ぐためのアシスト機能はメーカーにより多種多様です。これは競技を行う選手の種目や体格などに合わせてアシスト機能が違います。そのため万人向けのサポート機能ではありません。しかし大変効果のある方法で採用するメーカーが多いです。
 
競泳水着の歴史 | 競泳水着の条件 | 機能的な特徴 | タイプ別の特徴 |リンク集 | サイトマップ
Copyright©2017 競泳用水着の種類・歴史について All Rights Reserved.