競泳水着の歴史
競泳水着の条件
機能的な特徴
タイプ別の特徴
リンク集
サイトマップ
競泳用水着の種類・歴史について
 
 
タイプ別の特徴      
競泳水着では、3種類に分類されておりそれぞれ利用する場面が異なります。競泳用している選手によりこれら全てを利用する選手もいますがほとんどの選手は2種類を利用しています。  

実際に行う競技用の水着では、非常に高価なものが多いのですが実際に実践的で競泳を行うときに採用するものです。専用の手袋をはめることと同じように競技用の水着を着用することになります。こちらの水着は脱いだり履いたりすることが非常に不便になっています。これだけ体に密着するようにその選手用に開発されていることになります。しかも耐久性が低いため普段の練習では利用できないものです。  

競技や練習でも使えるのが一般的な競泳水着です。生地が比較的に伸縮するものが多く脱いだり履いたりすることがしやすいです。一流選手が利用するよりも水泳の大会に参加する人たちが利用する水着になります。耐久性を持たせた競泳水着は練習の時でも利用でき初心者には向いているタイプの水着です。  

練習専用の水着は、価格も安く耐久性が良い特徴があります。練習のために使用するものになりますが、最近ではわざと水を多く吸収することで重い生地として強化トレーニングできるタイプと薄い生地で作ることで軽いタイプもあります。
 
競泳水着の歴史 | 競泳水着の条件 | 機能的な特徴 | タイプ別の特徴 |リンク集 | サイトマップ
Copyright©2017 競泳用水着の種類・歴史について All Rights Reserved.